お酒とか-清酒とか-

ここんとこしばらくWinterbellsにハマってるのですよ。
穏やかな外見とは裏腹にスコアのインフレ度合いが気が触れててよろしいw

さて、自分的まとめも兼ねましてお酒の話、続き。
今回は「清酒」についてでございます。



清酒…いわゆる日本酒ですね。
清酒ってのは酒税法上どんなお酒なんでしょうか?

基本的に「清酒」とは
米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもので
アルコール分が22度未満であるお酒のことを指します。

前にもちょろっと触れたかもですが
醸造とか発酵とかってのは、微生物が糖分をアルコールに変えることを指します。
しかし、お米にはでんぷんは含まれていても糖分は含まれていないので
米こうじを加えてお米のでんぷんを糖分に変えるわけですね。
そこではじめて発酵させることができる、と。
そこでできた糖分を発酵させたものをこしたのが「清酒」です。

まぁ基本的にはこれでよろしいんですが
清酒にはこの基本的な製法の以外にも違った製法がございまして。
以下いくつか紹介。

まず、米、米こうじ、水に他の副原料を加えて発酵させる製法。
加えて良いのは「清酒かすその他政令で定める物品」だそうです。
この場合、政令で定める物品の重量が米の重量の50%を超えちゃダメとか
そういう規定がございます。
やっぱり日本酒はなんといっても米が重要という話ですね。

ちなみに、政令で定める物品、つまり清酒の副原料として加えていい物品は
アルコールとかしょうちゅうとかブドウ糖とか水飴とかそういったものだそうで。
米以外の穀物(麦とか)は最近の改正で使用不可になったらしいです。

他にも、
できあがった清酒に酒かすを加えてこす製法
ですとか
できあがった清酒にアルコールやしょうちゅうを加える製法(重量制限有り)
ですとか
できあがった清酒に炭酸水やブドウ糖を加える製法(重量制限有り)
ですとかが認められております。

最後のはなんか違和感がありますけど
発泡日本酒を造る際の製法の一つとして認められてるみたいですね。
後付で炭酸を加えて甘くするのもOKってことですな。

最後に。
さらっと流しちゃいましたが、前述の通り
清酒の製法上の必須要件として「こす」ってのが含まれてますね。
では、ときどきお店で売ってるにごり酒、あれは清酒じゃないんでしょうか?

…実は私もよくは知らないんですが(笑)
酒税法上、この「こす」って言葉は
普通に想像する袋でこす行為だけでなく
お酒の液体部分と固体部分を分ける全ての行為のことを指すんだそうです。
発酵させたお酒をちょっと置いておいて上澄みだけ取りました、とかでもOK。

なので、にごり酒の類ってのは
そうやって完全には分離しない程度にこしたものなんじゃないのかなぁと。
あくまで推測ですが。

なんだかよくわかりませんが以上です。
次回「合成清酒」の予定・・・気が向いたらw
[PR]
by ohtsuki19 | 2008-07-09 17:39 | お酒とか | Comments(0)

内輪向けです。どっちでもいいですが一応文字サイズ小推奨


by ohtsuki19
プロフィールを見る
画像一覧