お酒とか-醸造とか蒸留とか-

さて、前のエントリに引き続いて、お酒。
今年も酒税で受験なのですよ去年は落ちたのですよ(涙)
というわけで現在お酒関連のムダ知識が妙にたまってる状態。
ネタもないことなのでテキトーにこちらに書き散らしていこうかと。



今回は、確かだいぶ昔にえんじさんあたりと話した記憶がある
蒸留酒とか醸造酒とかについて。
「日本酒は?」「醸造酒。」
「ウイスキーは?」「蒸留酒。」
「んじゃビールは?」「えーと・・・醸造酒?」
てな話だったと記憶しておりますが。

さて、では醸造酒とか蒸留酒ってなんでしょう・・・って
「もやしもん」あたりでもうおなじみですけどね(笑)

まず前提として、お酒は何にしろ醸造しないと造れません。
この場合醸造とは微生物が糖をアルコールに変えることですね。
いわゆる「かもすぞ」ってヤツです。
つまり、糖分を有するモノに何らかの微生物を突っ込んで、
あるいは糖分を有するモノを勝手に微生物がかもすのを待って
アルコールができあがったモノが醸造酒です。

ところが醸造によって出来るアルコール分には限界があるそうで。
なんでも微生物が造ったアルコール自体が微生物の活動を妨げるんだとか。
そこで、水とアルコールの沸点が違うことを利用して
醸造酒を沸かしてアルコールだけ抽出しようとしたのが蒸留酒です。

だから日本酒は醸造酒。ワインも醸造酒。
ウイスキーは蒸留酒、しょうちゅうも蒸留酒。
ビールは蒸留って過程を経ないのでもちろん醸造酒ですね。

では、チューハイとかカクテルパートナーとかああいうお酒は?
お酒に何か混ぜたりしてるお酒ですよね。
モノによっては醸造酒と蒸留酒を混ぜたりしてるしなかなか厄介なような。

というわけで、お酒に何かを混ぜて造ったお酒を混成酒と呼んだりします。
おおざっぱに言えば、日本の酒税法では、お酒の造り方はこの
「醸造」「蒸留」「混成」の3つから成り立ってると考えていいかと思いますです。

まとめると。

・お酒は醸造しないと造れません。
・醸造だけでできたお酒が醸造酒です。
・醸造酒を蒸留したモノが蒸留酒です。
・できあがったお酒に何かを混ぜて造ったモノは混成酒と呼ばれます。

ちなむと。
醸造酒に砂糖をブチこんだら混成酒になります。
その混成酒に砂糖の影響で新たな醸造がおこったら醸造酒になります。多分。
また、混成酒を蒸留したりしたら基本的には蒸留酒になります。
つまり、基本的には最後の様態で判断することになるわけですね。

まぁ、それが醸造酒か蒸留酒か混成酒かなんて判別は
実は別段意味がないことなんですが(笑)
先ほど「日本酒は醸造酒」と書きましたが
日本酒(酒税法上は「清酒」)に分類されるお酒の中には
醸造酒の製法で造られたモノと混成酒の製法で造られたモノがあったりしますし。

まぁそのへんは気が向いたら追々。
今日も何書いてんだかわかりませんがこのへんで。
[PR]
by ohtsuki19 | 2008-05-12 17:55 | お酒とか | Comments(0)

内輪向けです。どっちでもいいですが一応文字サイズ小推奨


by ohtsuki19
プロフィールを見る
画像一覧