やってみた

こないだの「4ケタ」についてのコメントで
LPFB弐号さんが
『トランプを上から7枚引いて、そのうちの4枚が同じ数字になる確率』
について悩んでおられたようですが
当然数学万年赤点私立文系の私にわかるわけもございません。
でもわからんのは悔しいじゃないですか。

というわけで調べてみることにしました。
「確率」でググって一番最初に出てきたサイト
場合の数・確率を勉強しよう!にレッツゴー!

まず52枚のトランプから7枚のトランプを選ぶ組み合わせ数ですが
52C7という式になるようで。理屈はわかりませんが。
上記サイトの計算機にあてはめてみますと
133784560通り。いちおくさんぜんさんびゃくまん通りですか(汗)
んで次は同サイトのそれらしき場所
「ポーカーの役とその確率」を参考にしつつ考えてみましょ。

まず同じ数が4枚そろう方の数字の選び方は13通りですね。
残りは3枚。同ページの「ワンペア」の
ペアになってない3枚の組み合わせと同じでいいのかな?
だとすると数字の組み合わせは12C3で220通り。
それぞれ4つづつのスートがあるので
13*220*4*4*4=183040通り・・・

違う。

ワンペアの場合は残りの3つの数は重複しないって前提があるんだな。
この場合3つの数はなんでもかまわないわけで…

52枚から4枚引いた48枚から3枚を選ぶでいいのかな?
なら48C3=17296
13*17296=224848通り?
224848/133784560=0.00168・・・ 約0.17%

きっと間違ってますが私の能力ではこれが限界(笑)
すいません、ちっとも確率の基礎じゃありませんでした(汗)
[PR]
Commented by wosworks at 2004-11-12 22:07
GJ!GJ!
大つき(19)さんならやってくれると思ってました。
ご紹介のサイトを見て、大つき(19)さんの答えを見ずやってみたところ、
私も同じ答えになりました。
二人して間違ってる可能性もありますが(汗)

0.17%か~。思ったよりも確率が高かったです。
それ以上に見てるのは確実ですが。

後はコンピュータのランダム値がどれだけ分散してるかの世界になりますね。
by ohtsuki19 | 2004-11-12 11:45 | いろいろ | Comments(1)

内輪向けです。どっちでもいいですが一応文字サイズ小推奨


by ohtsuki19
プロフィールを見る
画像一覧