味珍で

味珍で細川氏と話してたホトケサマの話について
ちょいと考察してみました。
長いので興味がない方は読むべからず(笑)




話してたのは
「阿弥陀様とか大日様とかっていうのは一体なんでしょう?」
なんてお話なわけで。

ええ、如来様だってのはわかるんですよ。
如来様っていうのは悟りをひらいた仏様のことですよね。
菩薩っていうのは悟りを開くために修行中の方々で。
釈迦如来だって如来様ですよね、悟りひらいたんだから。

んで、お釈迦様ってのは実在の人物じゃないですか。
だとすると?阿弥陀如来や大日如来は?
お釈迦様の弟子かなんかが悟りひらいたんですか?
…違いますよね。
菩薩や如来が実在の人物だったら
56億7千万年後に衆生を救うらしい弥勒菩薩の立場は(笑)

まぁ実在の人物じゃないならないで構わないんですが
だとすると疑問点が一つ。
実在の人物たるお釈迦様が悟りをひらいて仏教ができました。
それまでは仏教は影も形もなかったわけで。
でしたら大日如来や阿弥陀如来に言及したのはお釈迦様ですか?

…それも違う気がするなぁ。
1.そういった概念が発生したのはいつごろか
2.各如来、菩薩の設定年齢はどんなもんか
これがわかればお話としては面白くなりそうなんですけど。
結構仏教関係興味あるんですけどこの話は読んだことがなくて。

ヒントとして
・阿弥陀如来には修行中の菩薩だったときの名前がある(名前失念)
・曼荼羅の中心にいるえらい仏さんであるはずの大日如来は
 ずーっとヒモといてくとアフラ・マズダと繋がったりする(メガテン知識(笑))

というわけで。
成立としては、各地に仏教が伝わっていく課程で
誰かがいろんな神話混ぜたりして勝手に作った、が正しいのかしらん。
仏教的にはどうなんでしょ。阿弥陀如来が修行してたってことは
阿弥陀如来ってのお釈迦様より前の人間だったんでしょうか。

そういやふと思い出したんですが
般若心経って「舎利子」に向かって語ってる形で書かれてますが
「舎利子」ってお釈迦様の有名な弟子だったはずでございます。
手塚治虫の「ブッダ」にも出てきますから(笑)
「舎利子」に向かって語る話に「観自在菩薩」が出てくるってことは
少なくとも観自在菩薩(観音様)は
お釈迦様より設定年齢昔の人っぽいですね。
だとすると他の如来様なんかもそうだと考えるのが自然か。

というわけで
・お釈迦様より昔の仏様だという設定が
・仏教伝播の課程で作られた
あたりが正しいところなのかもなぁ。
調べりゃすぐ出てくるのかな?

実はこのネタ、私も長らく疑問だったので
細川氏に突っ込まれたの機会にちょっと考えてみました(笑)
全て私の勝手な予想なので間違ってても知りません。

あー、全然関係ないですが
神話関連ではもう一つかねてから疑問があって
「日本神話で人間はいつ生まれたか?」ってのが。
いつの間にかいるんだよなぁ、人間。
こんなのもそのうちヒマがあったら考えてみるかなぁ。
[PR]
Commented by hosokawa18272 at 2004-11-28 09:09
あのときは酔っ払ってましたけど、シラフで読んでも面白い。
いや、こういうのを「仏教を科学する」っていうことですよね。
うーん。やっぱり「旧約仏教」みたいなのがあったんすかね?
うちのブログネタにもいずれ使わしてもらいますです。
Commented by ohtsuki19 at 2004-11-29 20:51
というかむしろそれが正解みたいですな(汗)
上の話はいってみれば「新約仏教」の話で
ところどころ「旧約仏教」とごっちゃにしてるからわかりづらいと。
調べればでてくるもんですな。
by ohtsuki19 | 2004-11-24 23:45 | いろいろ | Comments(2)

内輪向けです。どっちでもいいですが一応文字サイズ小推奨


by ohtsuki19
プロフィールを見る
画像一覧